サイトメニュー

医者

妊娠中に鬱になった時

妊娠中うつは産後鬱に発展しやすいため、早めに医師の診察を受けることが大切なことです。また、配偶者や家族のサポートを受けることができれば、妊婦さんの精神的な負担の軽減につなげることができるようになります。
医者と夫婦

発症する理由

妊娠中うつ病になることはあるものです。そんな時にはどうすればいいのか考えてみましょう。通常、心療内科や精神科で相談することになります。また、どんな症状が起こりやすいのか把握しておくことも大切です。基礎知識を身につけましょう。
夫婦

妊娠中の体調不良が要因

妊娠中の女性は、悪阻や貧血、体のだるさなどで悩んでいる人が多いです。女性ホルモンの分泌量が増えるので、体に様々な変化があり、妊娠中うつに罹ることもあります。気力や意欲が減退したり、人と会うのを避ける時はうつの可能性があります。

前向きに生きるために

カウンセリング

選び方と特徴

妊娠中うつと呼ばれる精神病があります。これはうつ病の一種になります。妊娠中は、普段とは違う気持ちになることが多く、出産を控えた女性にとって大きな試練とも言えます。すべての人が妊娠中うつにかかる訳ではありませんが、まじめに考える人ほどうつ病にかかりやすい傾向があるといえるでしょう。このような場合には、自分で考えても何も状況は変わりませんので精神科や心療内科などに通院することが重要になります。通院をした結果、自分自身の気持ちが前向きになり健やかに出産をすることができればこれ以上よいことはありません。ただ、初めて精神科や心療内科を選ぶ人にとっては、どこを選んだらよいのかわからないこともあり得ます。この場合には選ぶ基準を知っておくことで、後悔のない病院選びができるでしょう。基準の一つとしては、まず患者さんの話をよく聞いてくれる所を選ぶ必要があります。基本的に、うつ病になった場合医者が行えることは、医者の力で相手を説き伏せてうつ病を治すというよりも、医者が相手に対して答えを引っ張り出すことをしてくれます。つまり、患者自身が自分で答えを出すように様々な質問をしていくわけです。よい医者とは、質問がうまく相手の気持ちを引っ張り出する医者と言えるでしょう。次に、薬の問題があります。精神的な面を安定させるためには薬を使うことも必要になりますが、あまり薬に頼りすぎる医者は避けた方がよいです。医者としても、薬を出すことによりその分もうかるため薬に頼り切ってしまう人もいますが、薬は一時的によくなるものの根本的な治療とは言い難い部分があります。そのため、しっかりと会話の中で直すことを心掛けている医者を選びましょう。

もし、妊娠中うつになってしまった場合には、その特徴をよく理解しておくことが必要です。自分の病気を理解することで、医者の力を借りながら自分自身で短期間に治すことも十分可能になります。まず、妊娠中うつの場合には精神的に随分と落ち込んでしまうことが考えられます。自分が本当に出産をすることができるのだろうか、と考えるようになります。それと同時に出産をすることで自分の人生が変わってしまうことになるのではないかと、不安を抱えることもあるでしょう。まず、妊娠中のためあまり精神面の負担が大きすぎてはいけませんのであまり考え過ぎないことが重要になります。考え過ぎると、早産や子供の知的障害などのリスクが高まってしまいます。この場合には、自分の将来を考えるのではなく明るく考えることを選択しましょう。うつ病になってしまう人は、仮にそれが妊娠中であってもそうでなくても、自分の将来のことを暗く考えてしまう傾向にあります。将来のことを考えるということは、自分の未来を予知する能力があるということです。人間の未来予知は何も悪い話ではなく、良い話があってもよいはずです。よい未来と悪い未来の二つのシナリオ用意されている場合、無意識に悪い未来を選んでしまうのは、それだけ悪い情報に触れていることや恐れがあるからでしょう。そのときには、よい未来を想像することが重要になります。そこで、自分自身で不安を感じた場合には妊娠してよかったあるいは出産してよかったと感じている人の本を読むことや話を聞くことが重要になります。