サイトメニュー

発症する理由

医者と夫婦

症状を把握しておこう

妊娠中うつ病を発症してしまったら、心療内科や精神科を受診することが一般的です。しかし、自身では病気だと気づけないこともあります。妊娠していることで体調が変わり、そのせいでいろいろな体調不良を起こしているのだろうと考えてしまう人も多いものです。このような時には、周りの身近な人が異変に気づくこともあります。旦那さんや母親などが気づいてくれることもあるので、周りから指摘された場合もすぐに心療内科や精神科を受診することをおすすめします。この時、自身ではいろいろと決断ができないこともあるので、信頼できる人に相談することも大切です。妊娠中うつ病を発症すると精神的な病気だけではなく、お腹の胎児にも影響が出てしまうこともあります。母体に影響がないようにするためにも慎重に行動することが大切です。特に自殺願望が出てしまうようでは妊婦を一人にすることは危険となります。なるべく旦那さんや母親などが傍に居るようにしましょう。一人で受診できないことも多いため、そんな時には電話相談を利用してみるのもいいかもしれません。最近は無料の電話相談を設けている心療内科や精神科が増えてきています。最寄りにこういった科がない場合にも、まずは電話を利用してみるといいでしょう。妊娠中はいろいろと不安になることもあります。あまりストレスを溜めないようにすることも大事です。おおらかな気持ちで居ることで、精神的な不安が解消することもあります。また、うつ病とはどんな症状が出やすいのか調べてみることも大事です。いくつか当てはまるようなら専門科を受診してみましょう。

妊娠中うつ病を発症することはよくあるため、妊娠したらどんな病気が発症しやすいのか、日頃から調べておいた方がいいかもしれません。もちろん、妊娠中うつ病を発症しない人もいます。発症しやすい理由などを確認してみましょう。よく言われているのは体型や体質などの変化に気持ちがついて行かず、それが心身への負担になってしまうことで発症するという理由です。特に神経質な人には耐え難く感じられてしまうこともあります。あまり気負わずに、マタニティシーズンを楽しめるようにすることが大切です。また、一人で抱え込まないようにしましょう。心身の不調は周りの身近な人に相談してみるのもいいかもしれません。人に話すことで気持ちがスッキリすることもあるからです。とにかくストレスを溜めないようにすることがポイントです。いろいろと気をつけていても妊娠中うつ病を発症してしまった場合には、すぐに心療内科や精神科を受診することをおすすめします。専門科にかかることで症状が緩和されたり、症状が重くならなかったりすることもあるからです。それに妊娠中は一般的な薬を使って治療ができないこともあります。妊娠中だからこそ、市販薬などを控える必要があるため、専門科で相談した方が安心です。専門医なら妊婦には使えない薬を把握しています。胎児にも負担がかからないような治療を提案してくれるはずです。それから、インターネットなどで事前に情報を収集することもできます。気になる症状が出始めたら、自身でもいろいろと病気について調べてみるのもいいかもしれません。