サイトメニュー

妊娠中の体調不良が要因

夫婦

真面目で責任感の強い人が罹りやすいです

妊娠中の女性は、胎児や体を守るために女性ホルモンの分泌量が増えるので、体調の変化に戸惑うことがあります。妊娠はおめでたいことですが、悪阻や貧血、体のだるさ、精神的なイライラや不安感などを感じやすいです。妊娠中うつに罹る女性は少なくありません。妊娠中うつに罹ると、気力や意欲が減退してやる気が出なかったり、人と会ったり、電話に出るのが億劫になってしまうこともあります。憂鬱な気分が2週間以上続いている場合は、妊娠中うつを疑う必要があります。精神科や心療内科のクリニックは、清潔で明るい雰囲気になっており、完全個室なので不安や悩みを相談しやすいです。妊娠中の女性には、強い抗うつ剤などは処方できないので、カウンセリングなどの精神療法が中心になります。インターネットのWEB上でもうつチェックが出来るので、診察の時にチェックシートを持参するのもお勧めです。妊娠初期は体の変化に戸惑いを感じることが多いですが、安定期に入ると悪阻なども軽くなってくるので、うつの症状が改善することもあります。妊娠中うつは几帳面で真面目な性格の人が罹りやすい傾向があります。仕事や家事などが捗らないと、気分が沈んでしまうことも多いです。近くに姉妹や母親、義母などがいる場合は、家事を手伝ってもらったり、話を聞いてもらうことで気分が楽になることもあります。調理や洗い物などの家事が負担になっている時は、スーパーマーケットのお惣菜やカット野菜などを活用したり、食器洗い洗浄機などの家電を使って、適度に手を抜くことも大事です。

妊娠中の女性は待望の赤ちゃんが授かると、幸福感を感じている人がほとんどです。その反面流産や不育症などの不安があったり、分娩に関する恐怖心、子育てに関する不安などを持っている人がほとんどです。出産経験のある母親や姉妹、助産師、友人などに助言を受けたり、不安な気持ちを聞いてもらうことも大事です。妊娠中は体重が増加したり、肌荒れをしやすくなったり、妊娠線が出来てしまうこともあります。容姿の衰えなどが原因で、妊娠中うつになることもあります。精神科や心療内科のクリニックでは、デリケートな悩みを相談しやすいので、カウンセリングに時間を掛けてもらうことが大事です。妊娠中うつは一時的なもので、治療を受けると改善することが多いですが、放置をしておくとうつ病に罹ることもあります。うつの症状が重い時は、軽い程度の抗うつ剤を処方してくれることもあります。かつての日本では、ファミリーで生活をしていたり、地域の人も子育てに協力的でした。現代は核家族が増加しており、身近に頼れる人がいないと悩んでいる人が増えています。実家から離れて生活をしている人は、親しい友人がいない人もあります。精神科や心療内科の医師に話を聞いてもらったり、産婦人科のクリニックで、助産師や医師のアドバイスを受けるのもお勧めです。妊娠中うつは、カウンセリングなどの精神療法は大変有効です。妊娠中は体調不良があったり、流産を避けるために外出を控えている人も多いです。家に閉じこもっていると、うつの症状が悪化することもあります。体調の良い日は散歩をしたり、買い物を楽しむのもお勧めです。